香りが自律神経を整う手助けをする作用は意外と高い

女性

選ばれるのには訳がある

ここでは、うつ病等の精神疾患の症状の改善にジャスミンを利用する際に必要な情報を記述してきました。より自分に合ったジャスミンのリラックス方法の選び方や、なぜこの改善方法が人気があるのかというジャスミンの効果の基本的な事を記述しています。
中国茶

ストレス緩和効果の薬膳茶

ジャスミンの薬効成分としては血行促進効果であり、お茶を飲むことによって血流が促進し冷え性改善と美肌効果や血液クレンジング効果によってむくみ改善があります。これらの効果に加えて香り成分にはリラックス効果があるので女性に優しい効果があるのです。

心を落ち着かせる第一歩

日本茶

頭も心も落ち着かせてじっくり考える

心が疲れてしまっていると、正常で柔軟な考えができなくなり、イライラしたり気にしすぎたりして、さらに疲れてしまうという悪循環になってしまいます。深刻になってしまう前に心を整えたり見直す治療や取り組みが大切です。そんな時には医師やカウンセラーの問診や、薬を使ってアプローチするだけよりも、香りの力を借りることが注目されています。香りと言っても、しっかりと自律神経に作用することがわかっている、安全で心地よく、しかもプラスに働いてくれる香りです。例えば昔からリラックス効果で愛されて使われてきているのがジャスミンです。ジャスミンの香りの作用は気休めではなく、本当に気持ちが晴れてくるメリットが、だんだんと実感できます。クリニックの待合室で、診察室でしっかりと吸い込むことで、心も体もリラックス状態に近づきます。この状態を繰り返すことで、気持ちをほぐしてカウンセリングを受けると、心の奥まで見つめ直すことができるかもしれません。さらに、最近はアロマも人気ですからメジャーな香りなら、自宅で自分で楽しむことができます。もちろん、ジャスミンもアロマで自宅で楽しめる商品は豊富です。寝る前のリラックス効果として楽しんだり、仕事をしながらでも効果的です。

リラックス効果が期待できるジャスミンは、昔の人々からずっと使ってきたことでもわかるように作用の実感が高い香りです。ジャスミンの香りは脳内のエンファリンとドーパミンの分泌を促進させます。この2つの分泌物は脳の働きを活発にするので、元気がみなぎったりやる気が出たりしますから、前向きな気持ちになり、気持ちの落ち込みを上向きにしてくれます。同時に思考を落ち着かせて整える鎮静効果もありますので、高ぶっていた気持ちを冷静にして、正しい考えができる環境を作り出します。気持ちを上に引っ張ってくれるだけではなく、正常な考え方で判断を適切なものへと戻すことができます。そのため、うつなどの気分が落ち込んでいる時にはジャスミンがリラックスさせて、やる気を取り戻すきっかけになってくれます。ジャスミンは比較的癖が少ない香りですから、生活の中に取り入れやすいでしょう。さらに、少量でも香りがしっかりと感じられますし、継続時間も長いのも特徴です。自宅で使っても十分な効果を実感できるので、試してみる価値はあります。また、アロマのキャンドルやスプレーなど商品も多いので、自分なりの取り入れ方ができるのも試しやすいです。ハーブティーのように飲食に用いられることもあるので、意外と手軽です。

日本茶

香りを効果的に利用しよう

ジャスミンの香りを嗅ぐことで、リラックス効果を得るためには、品質の良いものを選ぶこと、そして香りを変質させないためにしっかり管理することがポイントになります。香りは手軽で取り入れやすい反面、デリケートなので適切に利用することが大切です。
日本茶

うつ病は予防する

ストレス社会の現代では、うつ病を発症する人が増えていますが、そんなうつ病予防になるのがジャスミンの香りです。この香りにはリラックス効果、ドーパミンの分泌を促す作用があり、うつ病対策には最適な香りです。

Copyright© 2020 香りが自律神経を整う手助けをする作用は意外と高い All Rights Reserved.