香りが自律神経を整う手助けをする作用は意外と高い

うつ病は予防する

日本茶

香りによってうつ病予防ができる

うつ症状が現れた時には、精神科や心療内科で診察を受けて、適切な治療をする必要があります。早めの治療で、重症化を避けることができます。うつ病は、通常の日常生活ができなくなってしまう病気でもあり、早期治療が必要です。しかし、症状を発症する前から、ジャスミンを活用することで、うつ病の予防効果が期待できます。アロマの香りには、リラックス効果が高いことはよく知られていますが、その中でもジャスミンの香りは、リラックス効果や不安緩和の効果が高いです。ジャスミンの香りには、幸福ホルモンとも呼ばれるドーパミンの分泌を促す効果があると言われています。日々の生活の中では、緊張したり、ストレスを感じたりする場面がよくある人も多いことでしょう。そんな日々の中に、ドーパミンが分泌されるような楽しい時間があればよいのですが、緊張やストレスばかりの毎日では、脳内物質の分泌が悪くなってしまって、うつ病を発症することになります。しかし、気分が落ち込んでいると感じた時にジャスミンの香りを嗅ぐことで、ドーパミンの分泌を促すことができて、うつ病予防に一役買ってくれます。ストレスの多い生活をしている、気分転換をするのが苦手という人は、ジャスミンの香りを活用してみてはいかがでしょうか。

ジャスミンの香りを活用するのに、よくもちいられるのがアロマオイルです。アロマオイルなら、アロマディフューザーを使って部屋中に香りを拡散させることができますし、ハンカチなどに染み込ませることで、外出先でも香りを楽しむこともできます。アロマオイルを活用する方法以外に、おすすめの活用方法がジャスミン茶です。ジャスミン茶は、緑茶や烏龍茶などの茶葉に、ジャスミンの香りをつけたお茶のことです。ベースとなる茶葉になどによっていくつかの種類があります。台湾で人気の香片(シャンピン)、中国の福建省が産地の茉莉銀毫(モウリギンゴウ)、沖縄のさんぴん茶もジャスミン茶です。このお茶には、リラックス効果だけでなく、脂肪の燃焼を促す成分も含まれているので、ダイエット効果も期待できますし、カテキンも多いので体臭や口臭予防もできます。カテキンには、コレステロールを抑制する働きもあり、生活習慣予防にも効果的です。このように、この茶は、リラックス効果によってうつ病予防ができるだけでなく、健康維持、美容効果も期待できます。うつ病を発症してしまうと、病院に通院していてもすぐには改善できないケースも多いです。日頃から、うつ病対策をすることで、気分の落ち込みを減らすだけでなく、健康的な生活も送れるようになるでしょう。

Copyright© 2020 香りが自律神経を整う手助けをする作用は意外と高い All Rights Reserved.