香りが自律神経を整う手助けをする作用は意外と高い

ストレス緩和効果の薬膳茶

中国茶

体に優しい薬膳の世界

健康志向の高まりにより、老若男女問わずに需要が増えているのが薬膳茶です。薬膳茶というのは食品に用いられる茶葉には薬効効果があるのですが、それを身体の不調に合った成分を持つお茶を飲むことで改善に役立ちます。薬膳茶のメリットはサプリメントと違って副作用が少ないので、定期的に摂取することで不調の改善に合った成分だけでなく色々な薬効成分があるので総合的に健康になれるのです。そんな薬膳茶において、特に現代社会に適応するお茶として注目されているのがジャスミンです。ジャスミンは温暖地域のインドと中国西部原産の植物で、この植物は別名夜の女王といわれるほどきれいな白い花を咲かせます。そんなジャスミンの薬効成分としては血行促進効果であり、お茶を飲むことによって血流が促進し冷え性改善と美肌効果や血液クレンジング効果によってむくみ改善があります。ただジャスミンの本領は血行促進だけでなく、現代社会を生きる人間にとって欠かせないリラックス効果があることです。リラックス効果というのは、体の中に廻る神経細胞には脳から興奮作用のあるアドレナリンと鎮静作用を持つノンアドレナリンといった神経物質が常に体を流れています。その鎮静作用を持つノンアドレナリンを、このジャスミンを飲むことで活性化し分泌量を増やしてくれるので就寝しやすいリラックス効果を発揮するのです。

メンタルは気持ちの浮き沈みのパラメーターですが、基本的には興奮と鎮静の中間近くを維持しているのが正常です。しかし興奮及び鎮静が片方に偏ってしまうと、メンタルのバランスが崩れ体に変調をきたすことになります。その代表例というのがうつ病やパニック障害であり、これらの面たるバランスは一度崩れると簡単には戻らないため違和感が出た時にすぐに対処するのが望ましいです。その方法の一つが、先に言ったとおりにリラックス効果のあるジャスミンを使うことです。ジャスミンのリラックス効果の理由は血行促進と香り成分であり、血行が悪くなると神経の動くも悪くなるので脳から過剰な物質が流れ込んでしまいます。ジャスミンによる血行促進効果を受けて血管が拡張すれば、無理な血流の流れが無くなり神経の影響も薄くなるので興奮と鎮静のバランスが整います。そしてジャスミンの香り成分には、鼻の鼻孔にある香り成分を感じるところを刺激すると脳が沈静物質を分泌しやすくなるのです。特にジャスミンのリラックス効果の影響が好ましいのが、男性よりも女性に対してです。女性は赤ちゃんを生み出すために月経と呼ばれる期間がありますが、その期間は脳から過剰なホルモン馬分泌されるので体に変調をきたします。そこで茶と香り成分の入った香水を使うことで、血行促進と鎮静効果で健康でいられます。

Copyright© 2020 香りが自律神経を整う手助けをする作用は意外と高い All Rights Reserved.